2014年02月01日

租税法 減価償却

法人税法の減価償却は改正が頻繁に行われています。

いつ時点でどんな変更があったのかを覚えているのかを試す問題が頻繁に出題されておりますので、しっかりと暗記しておく必要があります。主なターニングポイントは以下のとおり。

平成10年4月1日〜 建物の法定償却方法が旧定率法⇒旧定額法

平成19年4月1日〜 旧定率法⇒定率法(250%)
          旧定額法⇒定額法

平成24年4月1日〜 定率法(250%)⇒定率法(200%)

<語呂合わせ>
TOEIC人参(意味はありません。イメージを描いてください)

とー(10年)いっく(19年)にんじん(24年)


これで絶対忘れない!減価償却はTOEIC人参だ!


税理士試験人気ブログランキングを見る

簿記検定人気ブログランキングを見る
posted by goroawase at 18:00| Comment(0) | 租税法 減価償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。