2014年06月07日

財務会計 一般原則の覚え方

他のブログでも、すでに紹介されていますが、過去の受験生は皆さんこれで覚えているでしょう(笑)

女性の方は、口に出しにくいかもしれませんが・・・。

もっとも重要な一般原則ですね。
これを理解していないと、まあ会計に携わる仕事はできないでしょう。
一般原則は下記の7つと、一つ加えて重要性の原則というのがあります。

1 真実性の原則
2 正規の簿記の原則
3 資本取引・損益取引区分の原則
4 明瞭性の原則
5 継続性の原則
6 保守主義の原則
7 単一性の原則

例えば、社長は赤字だから会計処理を変えろなんてことを平気で言うわけです。

もしあなたがCFOだったら、なんと言って止めさせますか?

其の時に使えるのが、継続性の原則です。正当な理由がない限り会計処理は変更しちゃいけないんだよ、と社長に教えてあげないといけないですからね。

さて、覚え方は有名な下記の語呂合わせで、覚えておきましょう!

「真性包茎・短命死(しんせいほうけい、たんめいし)」


posted by goroawase at 18:35| Comment(0) | 財務会計 一般原則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。